女性支援なんていうとおこがましいけれど。

キラキラ魂にすなおに生きよう!キラキラ

 

Lino Ayumi ですウインク

 

男女同権、女性の社会参画などと言われる社会にあって、

 

それは、女性が男性を出し抜くとか、

 

女性が男性の上に立つということではなく、

 

ただ、女性がありのままの自分で生きられることが

 

ようやく社会的に容認されてきた時代になった

 

ということを意味していると思います。

 

しかし

 

この「ありのまま」生きるということがことのほか難しく、

 

ありもしない常識や固定された概念に縛られて

 

生きづらそうにしている女性が多いのが現状だと感じていますあせる

 

わたしの願いは、固定化された枠や常識にとらわれている女性

 

を楽にしたいということですキラキラ

 

それは難しいことではなく、

 

例えば漫画家の西原理恵子さんの言葉を借りると、

こんなことです。

・笑いあえる友人をつくる
・考え込まないクセをつける
・不条理なことや他人の問題に首をつっこまない
・文句だけでなく、いいことも言う

 

 

鉛筆上記書籍の中から抜粋しています。

 

「女の子が生きていくときに、覚えていて欲しいこと」

 著:西原理恵子

 

ぜひ、大人女子にも読んで欲しい!!ちゅー

 

 

これだけのこと、と思われるかもしれませんが、

 

こんなことが女性を縛り、

 

身動きできなくしている状況をよく目にします。

 

女性を生きづらさから解放する。

 

または、女性が自分に自信が持てる。

 

または、女性がありのままの自分を受け入れることができる。

 

この手段として、

 

わたしは長くやっているフラダンスがあります。

 

わたしが提案するフラは、

 

ただ習い事としてストレスを発散したり

 

楽しくなっておわったり終わる場所ではなくて、

 

フラを通じて深い意味や笑顔を大切にして、

 

女を上げる場所ラブラブ

 

本来の無邪気で夢を持っていた

 

純粋な自分に戻る場所にしたい。

 

そういう意味の「女性支援」を事業としたいキラキラ

 

という希望を持っています。

 

「心・技・体」を整え、

たくさんの人が魂にすなおに生きられる社会を実現する

 

弊社の理念です。

 

そのために自分にできることは何だろう?

 

と、考えに考え、会社を立ち上げましたハート

 

私、自らが自分の本当の気持ちにすなおになり、

好きなコトを生業にする!


そう考え、事業内容を決めて行きましたOK

 

 

高松市のフラダンス教室

Lino hula&oritahiti

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です